裁判離婚

離婚調停の次は,離婚訴訟

離婚調停が不成立で終わり、離婚を希望する場合は、離婚訴訟を提起することができます(離婚調停を行なわずにいきなり離婚訴訟を提起することは原則としてできません)。

離婚訴訟を申立てする場合は、裁判所に訴状を提出します。離婚訴訟を本人で遂行するのは難しく弁護士に依頼して行なうのが通常ですので、離婚訴訟になった場合は、弁護士への相談をお勧めします。

離婚訴訟は、通常6ヶ月~1年程度かかります。但し、事件や相手方の態度によっても変わりますので、予想が困難なことが多いです。

訴訟は、通常月1回程度の頻度で法廷が開かれます(これを「期日」と呼びます)。

法廷への出頭は弁護士が就いていれば基本的に自分で出頭する必要はありません。

ただし、進行によっては自分が出頭した方がよいことや、尋問手続が実施される場合は、自分も(弁護士とともに)裁判所に出頭しなければなりません。

PAGETOP