調停離婚

協議が折り合わない場合は、離婚調停へ

双方が,離婚の内容(親権,財産分与等)に納得ができず離婚協議が成立しない場合においては,離婚調停となります。

 

離婚調停とは、裁判所において,相手方と離婚について話し合う手続です。

裁判所に選任された調停委員と個別に話し合うので、原則として、相手方と直接顔を合わせることはありません。

話し合いは密室で行なわれますので、話し合いの内容が外部に漏れることもありません。

調停は、基本的には月に1回程度のペースで開催されますが、多くのケースでは、数ヶ月、長いと1年以上調停をすることもあります。

話し合い成立の見込みが無い場合は調停不成立となりますし、申立人側は調停を取下げることも可能です。

 

当事務所の代表的な解決事例

財産分与にて退職金を考慮したうえで調停離婚を成立させた事例

 

 

「調停離婚」の関連記事はこちら
PAGETOP