不貞行為の証拠

不貞行為が認められる場合の証拠はどのようなものがあれば十分でしょうか?

よくお客様から聞かれるのは,相手方の不貞行為を証明するためにどのような証拠が必要でしょうかという質問です。

まずは一番有力なのが,探偵事務所や個人で撮影した不貞現場の写真です。
配偶者が不貞相手とホテルや不貞相手のマンションから出てくる写真などは決定的な証拠となります。

なお,写真に日付等が入っていないと証拠として弱くなるケースがあるので注意が必要です。
そもそも,別居などによって結婚生活が破綻した後に不貞行為をしても慰謝料は認められません。

相手方から,その写真は別居後の写真であるという反論を受けたときに,この写真は,別居前のものであると証明する必要があるからです。

次に,不貞相手とのメールや,ラインがあります。
もっとも,「昨日はごちそうさまでした。一緒に過ごせて楽しかったです。」

というレベルのメールであれば、メールの相手と会って食事をご馳走したことはわかりますが、不貞関係にあることまでは全くわかりません。

これに対し、「昨日は久しぶりに一晩一緒にいられて幸せだったよ。」というメールであれば、肉体関係があることが強く疑われる証拠となります。
なお、いつ、誰から誰に送ったのか明らかにする必要があるので、やりとりした年月日、日時と、送受信相手がわかるようにしておきましょう。

次に,相手方の携帯電話などに保管されている写真が証拠となる場合があります。
中には、不貞現場そのものを撮影した写真が保存されている場合もあります。そのような写真は、不貞行為の事実を示す極めて強い証拠になります。

これに対し、二人きりではなく、複数名で食事している写真などは、単に交流があったことを示すものにすぎませんので、それだけでは不貞行為の証拠にはなりません。

次によくあるのは,相手方が不貞行為を口頭で認めたという点です。

この点,単に口頭で認めているというだけでは,不十分な場合が多いです。
そのまま協議や裁判において不貞行為を認めてくれれば良いですが,まれに弁護士が双方についた協議の段階において,不貞行為を認めていないと発言を変えてくることがあります。

そうなると,言った言わないの争いとなりますので証拠として弱くなります。
当事者間の話し合いで,相手方が不貞行為を認めたときは,書面にその旨を書いてもらうなどの証拠を残すことが重要となります。

 

「不貞行為の証拠」の関連記事はこちら
PAGETOP