慰謝料を請求したい

夫の暴力が原因で離婚になったのだから、慰謝料をもらいたい

浮気をした夫に慰謝料を請求したい

夫の浮気相手に慰謝料を請求したい

など、慰謝料についてのご相談は多くあります。

慰謝料とは、浮気や暴力などによって「精神的苦痛」を受けたことに対する損害賠償金です。

どのような場合に慰謝料は認められるのでしょうか?

離婚にまで至る経緯のなかで、相手から多大な苦痛を受けた場合に請求することができますが、苦痛を感じれば必ず慰謝料が認められるわけではありません。

慰謝料が認められるためには、相手方の行為が違法であることが前提となります。

相手の行為が違法行為といえない場合には、慰謝料は認められないことが多いです。

慰謝料が認められる違法行為の例としては、浮気や不倫や暴力などが挙げられます。

単なる性格の不一致や価値観の違いは、違法行為とまでは言えず、慰謝料請求できない場合がほとんどです。

慰謝料が認められるケース

・不倫や浮気

・配偶者に対する暴力行為

・生活費を渡さないなどして配偶者としての義務を果たしていない

慰謝料が認められないケース

・相手方に離婚の原因がない

・お互いに離婚原因の責任がある

・価値観の違いなど、離婚原因に違法性がない

 

慰謝料はどれくらい請求できるのか?

精神的苦痛を客観的に算定するのは困難です。

そのため明確な基準はありません。過去の裁判所の判断をみながら,その事件ごとの相場を判断していくことになります。

算定に考慮される要素しては、

・離婚原因となった違法行為の責任の程度

・精神的苦痛の程度

・社会的地位や支払い能力

・請求者の経済的自立能力

・請求者側の責任の有無や程度

といったものが挙げられます。

裁判所で認められる慰謝料は多くても300万円程度です。浮気であれば,通常100万円前後が多いというのが実務家感覚です。

1,000万円以上といった高額な慰謝料が成立したケースはほとんど見られません。

上記の相場はあくまでも裁判での基準です。

協議(話し合い)の中で決めるのであれば、双方が合意していれば、基準はありません。

 

慰謝料が認められるか認められないか、

どれくらい請求できるかということについてはケースバイケースです。

慰謝料請求する際に,気をつけることは,証拠があるか否かです。暴力をうけたのであれば,医師の診断書があるのか,浮気をされたのであれば,浮気現場の証拠写真があるのか,ラインのやりとりを記録しているのか,浮気現場を目撃した第三者がいるのか。

つまり,具体的な証拠もなく,当事者が過去に暴力を受けたと主張したり,浮気をしたと主張しても裁判所はなかなか認めてくれません。

適正な慰謝料を受け取るためにも、弁護士にご相談されることをお勧めします。

 

当事務所が取り扱った慰謝料に関する解決事例

交渉で、夫の不貞行為の相手方から慰謝料300万円を回収した事例

不貞行為の慰謝料を請求され、100万円を支払う内容で和解をした事例

「慰謝料を請求したい」の関連記事はこちら
PAGETOP