モラハラDVについて

モラルハラスメント(モラハラ)とは、言葉などを使った精神的な攻撃による暴力を指します。身体的な攻撃を行うDV(ドメスティックバイオレンス)とは異なり、目に見える傷などがありません。

 

具体的に、以下のような相手方からモラハラを受けている可能性があります。

・気に入らないことがあると執拗に罵声を浴びせたり、執拗に嫌味を言ってくる

・出産後や病気で動けないときなどに「お前は役立たず」などと頻繁に罵る

・出自や家庭環境など、あなたが気にしていることをことさらに発言する

・突然怒鳴られ、不機嫌になり無視をするなど、八つ当たりをされる

・周囲のものを叩いて威嚇する

 

モラハラは,まだまだ認知度が低いこともあり,裁判所で調停員に対して主張する際にも必ず証拠をつける必要があります。漠然と自分はモラハラを受けているという主張だけでは,モラハラが認定されることはありません。

そのため、まずあなたがすべきことは、誰が見てもモラハラであると認めざるを得ないような証拠を集めることです。具体的には、以下のようなものを準備しておくとよいでしょう。

 

・夫に言われたこと、傷ついたことを記したメモ

・夫の言動の携帯での録音や撮影

・夫から届いたラインやSNSのメッセージ

・警察や公的な相談機関への相談履歴

・精神科など医師による診断書、通院履歴

 

モラハラが認定されれば,モラハラによる精神的苦痛を理由とした離婚の請求と同時に、慰謝料も請求することができます。
モラハラによる精神的苦痛を理由に離婚した場合の慰謝料額の相場は、50万円から300万円程度とされていますが,双方の資産等の状況,モラハラの程度などによっても大きく異なります。

一度,現在の状況がモラハラと認定されて,離婚請求や慰謝料請求ができるか否か,ご相談頂ければと思います。

モラハラと異なり,身体的な攻撃を行われることを,DV(ドメスティックバイオレンス)といいます。

DVは,当然離婚事由となりますし,慰謝料請求の対象となります。慰謝料の金額も,傷害の程度によっては,モラハラによる慰謝料よりも高額になる傾向があります。

もっとも,日常的にDVを受けている場合,携帯によって写真には残していても,医師による診断書がない場合が多くみられます。実際に,DVに耐えかねて離婚を決意をされているのであれば,また迷っている場合においても,DVは場合によっては犯罪行為ですので,医師による診断書を残して傷害の程度を後に証明できるようにしておくことをお勧めします。

DVの程度がひどい場合は,警察に相談にいく等の対応が必要となる場合もあります。別居に踏み切った場合の経済的な問題について悩まれる方もいます。

しかし,独りで悩まずに,まずは専門家に相談をしてみることをお勧めします。

「モラハラDVについて」の関連記事はこちら
PAGETOP