よくあるご相談

「離婚・男女問題を弁護士に相談する必要があるのかわからない」

「弁護士は司法書士や行政書士とかと何が違うの?」

「弁護士に相談するメリットがあるの?」

こうお考えの方がほとんどではないでしょうか。

 

Q1. そもそも弁護士に相談するメリットがあるのか?

離婚問題においては,養育費や財産分与等、専門知識が必要な高度な法律問題を含んでいます。仮に、離婚の諸条件に合意してしまった場合、後からこれを争うのは非常に難しくなります。

したがって、既に本人同士で離婚の合意に至りそうな場合でも、まずは一度、弁護士にご相談することをお勧めします。

Q2. 行政書士や司法書士には相談したけど、弁護士に相談した方がいいの?

そもそも、離婚交渉について報酬を得る目的で代理業を行うことは、法律上弁護士にしか許されていません。

例えば、協議離婚をご希望の場合でも,完全に相手方と合意できていなければ,直ちに離婚協議書を交わすことはできません。その為、いずれにしても交渉の段階で弁護士の介入が不可欠となります。

離婚調停や離婚訴訟について報酬を得る目的で代理業を行うことは法律上弁護士にしか許されていません。

離婚協議においては,「もし離婚調停や離婚訴訟に発展すればどうなるのか」という見通しを踏まえて,条件の交渉が行われるため,離婚調停や離婚訴訟に強い弁護士に相談することが重要です。

当事務所は,岡山地域において,豊富な実績と,経験を有しており、皆様の離婚問題を有利に進めさせて頂きます。初回相談料無料ですのでお気軽にお電話ください。

「よくあるご相談」の関連記事はこちら
PAGETOP