女性のための離婚相談

ご自分が離婚を考えているとき、あるいは夫婦の間でなんとなく離婚の話が出そうなときには、自分で夫に離婚を切り出してしまう前に弁護士に相談するのがベストです。

相談者の方が置かれている状況、相手との力関係に応じて、離婚の進め方は変わってきます。当事者間で話を進めると,特に女性の方が不利な条件を飲まされて離婚に至ってしまう場合が少なくありません。

また、男性から離婚を切り出された場合、ショックのあまり感情をぶつけてしまうこともあるでしょう。しかし最も重要なことは,子供の将来,ご自分の将来を考えて冷静になって交渉をすることです。その際,離婚事件の経験豊富な弁護士に一度ご相談されることは重要です。当事務所では,初回相談無料としておりますので,お気軽にご相談いただければと思います。

女性の離婚相談において重要なのは,妻が夫より収入が低い場合の婚姻費用の問題です。婚姻費用は,別居時から発生しますが,実際には調停において申立をした月から裁判所において婚姻費用の支払いが命じられることになります。別居時の早い段階で弁護士に相談し,婚姻費用の調停の申立てをして生活費を確保することが,その後の離婚協議においても優位に進める要因となります。

離婚の条件については、大半の場合、急いで決める必要はありません離婚を切り出されたショックや毎日のつらい気持ちの中で、一日も早く楽になりたいからという理由で、誰にも相談せず、条件も考えず離婚してしまう人がいます。しかしどんなケースでも、簡単にできる離婚はありません。十分に考える時間はあります。焦らずじっくりと考えましょう。特に、お子さんとご自分の将来の生活設計を、具体的かつ十分に計画した上で、条件交渉をしなくてはなりません。

当事務所は、離婚協議においては、ご相談者と相手方との力関係をよく理解し、頭に入れた上で、これまで多くのご相談者に、その方に最適な戦略をご提案してきました。

離婚案件を数多く手がけ、多様なノウハウを蓄積している当事務所の弁護士にまずはご相談していただければ幸いです。

「女性のための離婚相談」の関連記事はこちら
PAGETOP